• サプライ チェーン | Edwards倫理的購買ポリシー

    Edwardsには、サプライヤ、従業員、その他の利害関係者に対し、Edwardsの購買慣行や基準で、安全性が最優先されており、環境的な健全性と効率性の確保、適切な管理を行うようにする、法的および倫理的義務があります。 

    当社は、サプライヤと連携し、サプライヤがEdwardsのニーズを理解してそれに準拠し、世界中にビジネス カルチャーを提供することの価値を認めるように努力しています。これは複雑な作業であり、多くの場合、各地域での相当の判断と柔軟性が必要になります。

    しかし、当社が業務を行っているあらゆる地域で、サプライヤ、従業員、その他の関係者からの、一定の普遍的で最小限のビジネス規範の標準を期待しています。これは、当社の倫理購買ポリシーの基礎となるものです。

    サプライヤに対して購買を確約するEdwardsのすべての担当者は、可能なかぎり最も競争力の高い製品とサービスを入手し、保持するよう義務付けられています。しかし、購買と効率的な供給を管理することは、金額から最善の価値を得るということだけにとどまりません。それは、当社の安全性、健康、環境、製品の管理、製品の品質、社会的、法的、倫理的規準、当社の持続性要件を遵守しているサプライヤから製品とサービスを入手することでもあります。

    世界中にあるEdwardsの会社は、最も高い法的、倫理的、企業的責任規準に基づいて事業を行っています。これらの規準は、当社のグローバル行動規範および当社の購買ポリシーに含まれています。これらの文書に準拠することは、Edwardsと取引するための前提条件です。

    当社の非紛争鉱石に関するポリシーを表示

  • 当社の歴史

    F.D.Edwardsが1939年に真空装置の製造を開始したときに、彼が技術革新に捧げた情熱は、今日の私たちのものづくりの礎となっています。

    当社の歴史の詳細