• 製品の安全性

    当社は、環境、健康、安全面の管理で優れた企業となるよう努めています。当社は、従業員、請負業者、およびお客様の健康と安全、環境の保護を、何よりも優先しています。

    これを適用する1つの方法は、当社の製品がお客様と環境にとって安全であることを保証するための強力な体制を整えることです。また、当社の製品は、該当するすべての製品安全および環境に関する法律や規格に準拠するように設計されています。

    Edwardsには、次のような強力な製品安全管理体系があります。

    厳格な製品の安全性評価プロセス

    • 世界中のすべての新規および変更された設計が対象
    • 標準および非標準
    • 個別の6段階のプロジェクト安全性評価プロセス

    該当する製品安全性に関する法律や規格への準拠

          • 例: CE、UL、ETL、SEMI S2 – 該当する場合はサード パーティ
          • TUVの完全な承認を受けた、自社EMCテスト設備
          • 温度、湿度などの完全な環境テスト設備
          • Edwards製品に関するすべての危険な事象についての厳密な調査や是正措置プロセス
          • 全製品のREACHコンプライアンス
          • 科学および半導体ポンプのRoHSへの準拠
          • 社内の無鉛はんだ付け能力

          Edwardsのポリシーは、安全な製品だけを販売することにより、製品の使用に関連して予見されるあらゆる負傷や損傷を排除することです。これは、企業の製品安全性手順に記載されている基準に従業員が準拠することで実現されます。

          • すべての部門が、製品安全性マニュアルに含まれている責任について理解し準拠する

          • 製品安全および準拠レビュー手順に従って製品を設計およびレビューする

          • 製品が販売される分野で、該当する製品の安全性に関する法律や規格に準拠するようにする

          • 初期設計レビュー時に環境への影響を考慮する

          • 製品の引き渡し、設置、運用、保守、廃棄に関するあらゆる安全性の問題について、お客様に明確に伝える
          • 製品の安全性の事件は、製品安全性苦情手順に従って、優先的かつ速やかに調査する

          • 製品が販売される分野で、該当する製品の安全性に関する法律や規格に準拠するようにする多くの企業団体と積極的に連携して、技術を開発し、業界の安全性基準を確立する

          安全で環境的に受け入れられる製品の開発は継続的に実施されます。

          • 当社の歴史

            F.D.Edwardsが1939年に真空装置の製造を開始したときに、彼が技術革新に捧げた情熱は、今日の私たちのものづくりの礎となっています。

            当社の歴史の詳細